株式会社カドック 土木環境事業

汚泥・汚水遠心分離処理「アクアトール」概要

汚泥・汚水遠心分離処理「アクアトール」とは

高性能遠心分離機【アクアトール】

日本で発生する廃棄物の65%以上は、水を含んだ汚泥と言われています。
当社で提案している汚泥遠心分離システム【アクアトール】は、この水を含んだ廃棄物を、その場で「泥土砂」と「水」に分離することで、廃棄物の抑制、圧縮を可能にしたシステムです。
従来のこういった汚泥・汚水処理は、発生現場で削減することは難しく、バキューム処理後、中間処理施設に運搬した上で処理をするため、コスト的に増大しやすいものでした。 しかし、当社の遠心分離機アクアトールは、発生現場で処理を可能とし、その場で汚泥・汚水処理を行うことで、運搬費などの中間費用を大幅に削減でき、尚且つ廃棄物を抑制・削減することで、廃棄物処理のトータルコストを大幅に低減させます。
また、アクアトールは製品自体の耐久性・安全性を強化し、最新の設備のなか厳しい品質管理のもとに製造しており、ニーズに応じた豊富な機種をそろえております。
さらに機器に使用する薬品も環境に配慮したものを使用しておりますので、品質・環境に配慮したシステムとして高い評価を受けております。

無機系凝集剤「カドクリーン」とは

遠心分離機アクアトールの汚泥処理フロー

工場で発生する汚泥・廃水を、固体と水に分離し、産廃費用を削減することができます。
今までバキューム車等で全て廃棄していた液体状の廃棄物を、固体のみ脱水廃棄し、処理水は再利用、もしくは濃度の低い負荷の下がった廃水として既設の廃水設備で処理することが可能です。
必要な処理量の脱水機を、必要な期間だけ仮設型プラントとして使用することができ、機材、薬剤、設置、運転調整、手配も全て当社が行います。また、平成17年の規制改革により大幅に使用しやすい環境になり、全国での処理実績があります。

廃棄物処理コストを大幅にカットできます。

汚泥の発生現場で汚泥量を約10分の1に。

工期の短縮が図れます。

建設廃棄物の再利用し有効材料として再資源化率を高めます。

CO2を大幅に削減し、環境・ISOに効きます。

土木環境事業TOP

ウィークスシリーズ

高性能吸着剤 リードエフシリーズ

ドクトール

カドクリーン

アクアトール