株式会社カドック 建築環境事業

LED照明関連商品の概要

LEDとは

LightEmittingDiode

LEDとは「発光ダイオード」と呼ばれる半導体の一種で、LightEmittingDiodeの頭文字をとったものです。 LEDはこれまでの白熱ランプや蛍光ランプ・HIDランプとも違い、従来の照明の発光原理必要であった有害物質を含まず、 効率よく電機エネルギーを光エネルギーへ変えることができる、次世代の照明として注目を集めています。 白色光を得るために必要だった明るい青色LEDが1993年に開発されてから、新しい照明用光源として注目されるようになりました。 近年はその改良もめざましく、蛍光ランプ並の発光効率をもつ白色LEDが登場してきました。

LED照明の3つのメリット

環境性メリット

LightEmittingDiode
高発光効率

蛍光灯に近い光量を引き出し、照明の省電力化が図れます。

水銀不使用

電球型蛍光ランプは水銀や鉛を含むため、適正な廃棄が必要とされます。 しかしLED照明は環境に有害な水銀などを含まず、一般廃棄物として処理できる為、産業廃棄物を削減できます。

小型化・軽量化

LED照明は器具の小型化や薄型化が可能なので、原材料を削減できることに加え、自由な設計の器具を開発できます。

熱線・紫外線レス

LED照明は白熱電球や蛍光灯照明と比べ、紫外線や赤外線が少ない為、室内温度への影響が軽減されます。また、紫外線をほとんど出さないため、虫の飛来も抑制できます。

小電力

少ない消費電力で従来の電力と同水準の明るさを実現しています。

環境性メリット

LightEmittingDiode
コスト削減

LED照明は長寿命の為、交換回数が減り交換費用を軽減できます。また器具の小型化に伴い、大規模な設置工事が不要の為、施工費も軽減できます。

光熱費の節約

発光率が高いため、低ワット数で優れた光料を確保。従ってオフィスで22%、一般家庭で16%の電力消費が可能です。

多機能

LightEmittingDiode
多機能性

本体にガラスを使ってないので、割れずに安心。
防水が容易なので、屋外でも利用可能。
低温に強く、冷凍庫や冷蔵ケースにも使用可能。
器具の小型化、薄型化に伴い、さまざまなデザインで開発が可能。

建築環境事業TOP

カナディアンソーラー太陽光発電システム

省エネLEDユニットLED照明関連商品

定量節水弁NEO304